sunnyside21

アラスカの街角で君は笑った

渋谷のインターネット会社で働いてるasantaです。 音楽や映画やアニメやインターネットビジネスについて 気づいたことを忘れないように書いてみます。

7 5月

哀しみがすこし。

なんでかなあと、ずっと思っている。

ワクワクするようなことや

幸せだなって思うことは

とても素晴らしいのだけど、

一方で、少しの哀しみが

いつも、自分にいろんなことを教えてくれるような気がする。

ほんの少しの哀しみ

明け方の海辺に一人きりでいるような。

しんとした夜の底に漂っているような

さらさらと冷たく

心の表面を撫でて行くような

そういう類の哀しさが

いつも、自分に寄り添ってくれる。

自分の、本当の気持ちを教えてくれる

そんな気がしてる。
4 5月

ラフマニノフとお仕事と


昔からラフマニノフが好きで

特に一連のピアノコンツェルトはずっと憧れなんですが

最近、妙に「パガニーニの主題による狂想曲」

が好きで仕方ない。

特に、やっぱり
誰もが聞いたことのある第18変奏。

先週ラスベガスに行った時も、ベラージオホテルの噴水ショーで流れてたなあ。

主題が、ピアノで静かに始まって

オーケストラが入ってきて主題が繰り返され、
柔らかに盛り上がる。

このドラマチックな展開やコード進行
(ってクラシックの曲に言うのはちょい違和感あるけど)

改めて聴くと
すごいなあ。天才なんだろうなあ。

仕事中とかに聴いてると、うっかり泣きそうになる。

歌詞をつけて歌ってみたくもなる

(最近はラヴェルの亡き王女のためのパヴァーヌに歌詞つけてみました。まだ録音してないけど・・)

ということで
仕事中なのにspotify好きなクラシックの曲プレイリストを作り始めてしまったのが今です。




ラフマニノフの他には

ショパン、ワーグナー、スクリャービン
ドビュッシー、ラヴェル、ロドリーゴ、コダーイ、バルトーク。

並べると趣味出る気がする。

ちなみに(めちゃくちゃどうでもいいけど)
見た目が好みなのはコダーイ。ラフマニノフもイケメンだけど・・!

e80cf7f0-8a0b-44be-9f64-57fdec642ca8

なんかちょっとトムヒドルストンみたいでかわいい。



4 4月

会いたい人リストについて

ちょっと前に

新卒の頃すごくお世話になってた方に久しぶりに再会して

いろんなお話をしてた中で

”会いたい人リストを作ってて、それを毎日眺めて更新してる”
”そうすると、会えるんだよね”

っていう話を聞いた。

引き寄せの一種といえばそうかもしれないし、
単純に、その人のことを思い出していることで
ふとしたチャンスを逃さなかったり、意識的に繋がろうとしたり

そういうこともあるんだろうなと思った。

わたしも、会いたい人リストを作ってみた。

1.会ってみたい!お話してみたい!と思っている
まだ会ったことのない憧れている人

2.昔大好きだったり、お世話になった人

3.まだあまり知らないけど、
もっとあの人を知ってみたい、と思っている人


意外と、2が多いことに気づいた。
次が3で、今の自分には1に当てはまる人は意外と少ない。

会ったらどんなことを話そうかな
そんなことを考えて見るのも結構たのしい。

近況を知りたいのはもちろんだけど、
思っていたけれど伝えられていなかったことを、を素直に言ってみようかなとか

うん。まずは
毎日更新してみようっと。




 
プロフィール

あさんた

twitter
あわせて読みたいブログパーツ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ