sunnyside21

アラスカの街角で君は笑った

渋谷のインターネット会社で働いてるasantaです。 音楽や映画やアニメやインターネットビジネスについて 気づいたことを忘れないように書いてみます。

2010年11月

29 11月

くらーげん。

2ちゃんねるで発見。

電車で、若いお母さんと幼女の会話。

幼「ママの買ったのって、くらーげん?」
母「そうだよ」
幼「ぷるぷるする?」
母「するする」
幼「くらげもぷるぷるだもんねー」
母「えっ」
幼「えっ」
母「……くらげとコラーゲンはちがうよ?」
幼「くらげからくらーげんができるんだよ?」
母「違う違う違うwそれと、くらーげんじゃなくてコラーゲン。」
幼「くらーげんないの?」
母「くらーげんじゃなくてね、コラーゲンなの」
幼「こらーげん……」
母「コラーゲン」
幼「……こらげはどこにいるの?」

いやぁぁぁ

(*´Д`*)(*´Д`*)(*´Д`*)(*´Д`*)(*´Д`*)

萌え死にそうだったので記録しました。

28 11月

ゴッホ展行ってみた

高校時代の友達が誘ってくれたので
(ありがとうA氏!)

行ってみました。新国立美術館のゴッホ展。

ゴッホの初期から晩年まで、影響を受けた作家の作品も取り上げながら
時期ごとの6つのコーナーに分かれて展示されてたけど、

もう、最後の晩年のコーナーが凄まじかった。

ゴッホが精神を病んで、死の直前ひたすら作品を描き続けた時期の絵たち。


ゴッホ_サン=レミの療養院の庭
サンレミ療養院の庭

20101012235324c07
渓谷の小道

201010122353230ba
アイリス

なんかもう、凄まじくて、痛々しくて、
呪われてるくらいの美しさで。

世界が終わる前日の夕陽は、
きっと真っ赤に燃えて信じられないほど美しい、みたいな話を聞いたことがあるけど

まさにそんな感じ。

終わりゆく直前の、めいっぱいの力を振り絞るような。
あるいは
圧倒的な表現力を得るために死神と契約を交わしたかのような。

いずれにしても、すごく容赦なくて、すごく切なかった。

特に【サンレミの療養院の庭】

真っ青に晴れ渡る空の下で
狂ったように生い茂る草木、咲き誇る花々。

これが最後だよ、もっと見てよ。

そんなふうに叫んでるような気がして
絵の前から動けなくなりそうだったな。

本当に、アーティストって呼ばれる人たちは凄い。

私はそんな風には、生きられないよ。
26 11月

【コスメ】無印良品

あんまり期待せずに買ってみたけど

結構イイ!

680917_l1
無印良品 / 化粧水・敏感肌用・しっとりタイプ

水みたいだからなぁ・・と思って
たっぷりめにつけてみたら

結構潤ったぁ。ピリピリもしないし。
同じく無印のはがして使えるコットンでパックすると素敵><

前につかってた雪肌粋とかよりずっと潤うぜ。。

400mlで900円だし。
1時期つかってた化粧水が1万円だったことを思うと(カバーマークのやつ。。)

素晴らしい(´;ω;`)

化粧水はコレと、オリーブ果汁水がレギュラー化してきたので

今は乳液とクリームを何か試してみたいなぁ。

イグニスの乳液を使ってみたいっ

ignishm





18 11月

Does the body rule the mind

or the mind rule the body

I don' t know.

て歌詞がthe smithの曲にあったのを思い出した。

「体が心を支配するのか
心が体を支配するのか

そんなの知るもんか。」

でも本当は
きっと両方なんだよな。

心を変えたら体の動きが変わったりするし
体の動きを変えれば心が変わったりする

経験あるよね。
心と体は繋がっている。

心を動かすことも体を動かすことも
体の中に何かの神経伝達物質を巡らせること。

体の中にエネルギーを起こすこと

少しでもいい
心か、体を動かして、エネルギーのさざ波を立てて。

そしたら心から体へ、さざ波が伝わって、さらに心へ伝わって
いつか加速する車輪のように前へ前へ進んでいける。

アプローチはどっちからでもいい。
ほんの少しのエネルギーを解放すること。


きっと凄く単純なことなんだ。










12 11月

心から

本当にありがとうっていうのと

本当にごめんねっていうのを

伝えたいな。

今なんとか立ってられてるのは

そのお陰だから。

the Hiatus  Insomnia


ここのところずっと聴いてるけど

心を打って仕方ないのは

眠れない僕の歌、ではなくて

眠れない僕と、君の歌だからだ。
livedoor プロフィール
twitter
あわせて読みたいブログパーツ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ