sunnyside21

アラスカの街角で君は笑った

渋谷のインターネット会社で働いてるasantaです。 音楽や映画やアニメやインターネットビジネスについて 気づいたことを忘れないように書いてみます。

2011年09月

19 9月

オリジナル曲 Revolver リボルバー

cubase6 artistが届いたので

苦労しながらセッティングして

なんとか1曲録音できた!!

確かに使いやすくなってるし、なんか色々できそう・・・・・・
とは思いつつ最低限の機能しか使えません(´・ω・`)



「Revolver」

今宵、思わせぶりな運命
月の無い夜
君の肩のあたりが好き、
理由は、それ位だけど。

Born this way.
Be a fool of fate.
When you ride on me.
まだ果てないで
楽園の傷をなぞって

後悔は、あたしの髪に委ねて
生命の醜態
結構に、ただ晒して

ここにも何も無いのなら
ああ、どこに行けばいい?
アタリなの?ハズレなの?
この際、どうでもいい。

この顛末は語り草にでもしたら
回転式の運命
リボルバー、また廻して

Born this way.
Be a fool of fate.
I'm gonna ride on you.
吹きさらしのショータイム
このリズム、また刻んだ


(`・ω・´)モキュ
17 9月

最後の晩餐に

最後の晩餐の夜に

パンはわたしの肉だ
ワインは私の血だ

てキリストが言ったっていう。

なんか、凄くセクシーだなとか思ったり。

戯言ですお

10 9月

明日には傷痕さえ残さず


激しく燃えさかれば

痛みも、消えてく。

明日には、傷痕さえも残さず。


ってthe Hiatusの歌の歌詞が大好きです。


痛みを誤魔化すための何かとか

目をそらすための何かとか

そういうものは、もういらないんだ。

だって明日の自分が辛くなるだけだから。

そう思ったら1日1日を燃え尽きるように生きたほうがいい。

傷痕さえも残さないほうがいい。

ただ、他の誰でもなくて自分のために



9 9月

新サイト

会社でオープンしてみますた。

結婚相談所EX

(*・ω・)ノモキュ
8 9月

Last days of Innocence

わかってた

お腹の底のほうに
落ちていく、痛み。

Silence
あたしの宇宙が崩れていく

鮮やかなジャングルの
底なし沼を舞う蝶々の夢をみてた
この果て無い、胸の痛み
あの蝶々のキスに似てたから

さよなら、さよならって言うよ
Last days of innocence.

最後の日々が始まるよ

穏やかなリズム
刻み始めた
この心臓が、告げている

密やかなジャングルの
花の下で眠る蛇を思い出した
この切ない、胸の疼き
あのうろこの艶めきに似てたから

さよなら、さよならって言って
Last days of innocence.

あたしの宇宙が壊れていく
あなたの吐息と、温度と、
それと流れ出る血と
共に。

Last days of innocence.



子供の頃の
心の宇宙はもっときっと色鮮やかで
不安定にきらめいていたけど
そういうものを失いながら
大人になっていくのかな。

それとも失うんじゃなくて
とがったガラスが川の流れの中とかで少しづつ丸くなるように
輝きを内包した穏やかさを手に入れられるのか

もう、大人にならなきゃいけないのに
あたしにはまだわかんないや。


livedoor プロフィール
twitter
あわせて読みたいブログパーツ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ