sunnyside21

アラスカの街角で君は笑った

渋谷のインターネット会社で働いてるasantaです。 音楽や映画やアニメやインターネットビジネスについて 気づいたことを忘れないように書いてみます。

2013年11月

13

Game of thrones


アメリカのテレビドラマGame of thronesを

シーズン3まで観終わりました(シーズン4は来年春放送らしい!)

そして抜け殻に・・

もうなんなの!作者はドSなの!?

よい役者さんぞろい&1話5億円くらいかけてるという本気さもあるけど

ストーリーが、読めない、、読めそうと思ったらこうくるか!だし

死なないだろうと思ってた人が死んじゃったり
死ぬかと思った人が死ななかったり

ああ~(´;ω;`)ブワッ

もう・・・・ラニスター家は(ティリオン以外は)滅んでしまえくそう!
スターク家瀕死だけどがんばってーーー!!!

ターガリエン家(というかデナーリス)は上り調子だけどなんかまだまだありそう・・

ティレル家はこのままグイグイいってラニスターをどうにかしてほしい。

そしてほぼ全ての登場人物の前途が多難すぎます。

ということで心をかき乱されております

かき乱されすぎて原著のA song of ice and fire.(英語版)にまで手を出してしまっている今日この頃。

小説で読むと、テレビドラマで端折られたシーンとか設定が結構ありますが
ドラマの役者さんたちがそれを演じてる風に脳内再生されるので
おもしろいです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

小説の設定だとネッドは35歳だと・・(マジで!)
デナーリスがドロコの嫁になったのは14歳・・

ジョンスノウはもうすぐ15歳になるよ!とか言ってるぜ!

cloak-game_00377013
どう見ても35歳に見えないドラマ冒頭のネッド

BDtO_xMCYAARuSe
ロリ系だけどさすがに14歳には見えない冒頭のデナーリス



知らない単語を調べながら読んでるのでまだ300ページ(iphoneで)くらいしか進んでないけど

通勤時間を中心にコツコツ読んでいきます・・・





6

Satellite has gone

Lou Reedを初めて知ったのは、中学生の時。
Velvet goldmineっていう映画で

「Satellite of love」が流れていたから。



ユアン・マクレガーとジョナサン・リース・マイヤーズが
深酒をしながらオープンカーを走らせて、
交錯する街のネオンの中ゆらゆらと歌ったりふざけたりしてる

きれいなシーンだった。

美しいメロディと、印象的な歌声が、
映画を観終わったあとも、しばらく心にこびりついた。

そのあとVelvet undergroudのボーカルも、Lou Reedだって知った。

Velvet goldmineに出てくる「Venus in furs」っていうバンドの名前の由来が

Velvet undergroudの曲だって知って、初めて聴いてみた。
アンディ・ウォーホルのバナナのジャケットももちろん有名だったけど。



Heroin という曲が一番好きだった

Heroin, be a death of me
Heroin, it's my wife, and It's my life.

と歌った後で「ハハッ」って笑う Lou Reedの声が大好きだった。

あの独特の、なんか退廃的な響きを持った歌声に憧れていて、

昔作った曲の歌詞にも、何度かLou Reedっていう名前を入れてみたりしてたなあ。

「汚れた血」の映画に出てくる、海の底のような色をした熱帯夜に
壊れかけのラジオからLou Reedが聴こえてくる、なんて風景を
よく空想してた。

あの映画で実際に流れたのは、David Bowieだったけれど。

彼の訃報を聞いたので、ちょっと思い出を書いてみました。






livedoor プロフィール
twitter
あわせて読みたいブログパーツ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ