体の調子が悪い時とかに

友達に「大丈夫だよ~」と言われるより

お医者さんに「大丈夫ですよ」と言われるほうが安心する。



恋愛で悩んでる時とかに

恋愛経験が少ない友達のアドバイスより

恋愛経験豊富な友達のアドバイスのほうが説得力あったりする



食べログでお店探すときには

クチコミ評価が高くてもクチコミ母数が極端にすくないお店より

クチコミ評価が平均的でも母数が多いお店のほうに
行ってみようと思ったりする。

※統計的にはあたりまえの現象だけど。。


占いとか結婚相談とかそういうのに行く心理も
ちょっとそういうの共通するかな。


権威、専門性、マジョリティの支持。


占いとか婚活サービスを流行らせるときに
いかに上記みたいなのを出すかとかって重要になってくるかな。


match.comなんかは
専門家が作ったエニアグラムみたいなのを押しだしたりしてるけど。


あとは、脳内メーカーとかSM診断みたいな診断系サービスって
結構広まりやすいけど

あれはソーシャルで友達とワイワイできる要素や
自分のブランディング的な自己顕示欲の要素で広まるのかなと思う。

ああいうのはなんか恋愛コミュニティ内でやってみても面白そう。

そこにコメントしあえたりしたら楽しそう。


なんて妄想。