sunnyside21

アラスカの街角で君は笑った

渋谷のインターネット会社で働いてるasantaです。 音楽や映画やアニメやインターネットビジネスについて 気づいたことを忘れないように書いてみます。

ひとりごと的な

9 2月

青春って心の持ち方らしい

カップヌードルのアオハルかよ!のCM見てたら



Spotify でもスーパーカーのAOHARU YOUTHが流れてきたりして

青春かあ。
青春っていつだったかなあ、と
ぼんやり思ってた。

最近だと
3年前に会社で立ち上げたイベントの事業。
みんなでわちゃわちゃやって、IT系なのにすごい泥臭いことばっかりやって
休めなくて15連勤とかしたし、トラブル多くて死にそうだったけど

思い出したら青春だなああれ。
なんだかんだ楽しかった。

その前は、前職で新卒2,3年目くらいのときに
会社がまだ10人ちょっととかで、
サービスもまだまわってなくて
仕事つらかったけど、毎晩みんなで飲んだくれながら
励ましあってやってたときとか^^

青春でしかない。楽しかった
意外と喉元すぎると熱さ忘れるタイプなのかもしれないけど、、

自分にとっては青春だ!と感じる思い出って
高校の部活とか、そういうものよりは
社会人になってからの方が多いんだなあ、と気づいた。

で、青春、でぐぐったら

こんな素敵な詩があった。

アメリカの詩人、
サミュエル・ウルマンの「青春」という詩

  青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ
  優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心
  安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ

  年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる
  歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ
  苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、
  精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう
  年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か

  曰く「驚異えの愛慕心」空にひらめく星晨、その輝きにも似たる
  事物や思想の対する欽迎、事に處する剛毅な挑戦、小児の如く
  求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。

     人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる
     人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる
     希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる

  大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大そして
  偉力と霊感を受ける限り、人の若さは失われない
  これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
  皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至ればこの時にこそ
  人は全くに老いて神の憐れみを乞う他はなくなる


青春とは人生の或る期間ではなく、心の様相をいう。

広辞苑の定義だとはっきり”人生の若い時期、青年時代”と明記されているけど

わたしも、きっと心の様相なんだと思うな。

そう思って生きてたい。



16 1月

美しの首

小学生か中学生くらいの頃に

図書館?かどこかで読んで、
すごく心に残ってて。

あの話ってどこで読んだんだっけ?
もしかして夢?
とか思っていた本を、LINEマンガで発見した。


美しの首 (ビームコミックス)
近藤 ようこ
KADOKAWA/エンターブレイン
2015-12-25


これだ。

タイトルの美しの首、は
大阪城が焼け落ちる時に、美しい武士の首を手に入れて
それに恋をする女の人の話

他にも山椒大夫をベースにしたお話に、
源氏物語の玉鬘、をベースにしたお話。

玉鬘の、
光源氏と一夜を共にした翌朝
ふと、嘲るように笑う表情。

あ、この描写に
すごく心を奪われたんだと思いだした。

わたしの源氏物語好きの一端は
このマンガにあったんだなあ。

どのお話も
人間の美しさ、不気味さを
なんともいえないユーモアを織り交ぜながら描いてて。

改めて読んで
なかなか凄まじいし、素晴らしいなと思った。

憧れる。


9 1月

夢の中のおはなし2

映画みたいな素敵な夢を見たメモ

昔みたカラーオブハートっていう映画を少し思い出した。

色のない国に嫁いだお姫様のお話

その国は、すべてが白黒で、
色を使うことが禁止?されていた

理由はわからないけど
昔、その国で行われた絵画のコンクールで
素晴らしい色使いの、感動的な絵画を描いた画家がいて

その絵の魅力(魔力?)にいろんな人が取り憑かれて
大変なことが起こったことがあって
その結果、その国は色を禁止した、という流れみたいだった。

色のない国で、
平和に、淡々と、大きな感情の揺らぎや起伏もなく
日々を流れるように過ごすお姫様。

その国で色は、
例えば欲望や悦び、人間らしさみたいなものの象徴のようだった。

ある時、それに耐えられなくなって
お姫様はその国を抜け出そうとする。

お城を抜け出して、走り出す。

彼女は走りながら、
カラフルな色を、街のいたるところにぶちまけていく。

追っ手から逃げながら、でも楽しそうに。

彼女の姿も、気づいたら白黒じゃなくなってて
日に透けるような金髪と、上気した頬の赤みがとても美しい。

ガーベラのようなピンク
青空のようなブルー
草原のようなグリーン
夕焼けのようなオレンジ

街のところどころが
そこだけ切り取られたように突然、カラフルに彩られる。

人々はどよめいて、戸惑って。
でもだんだんと忘れていた、何かキラキラとした喜びを思いだしていく。

その様子がすごく、ドラマチックだったな。






16 11月

Bodies

Velvet RevolverがカバーしてたSex Pistolsの Bodies

最近Stone temple pilots とか Alice in chains とかオルタナっぽいのに

ちょっと回帰してた流れで聴いてた。

きっかけは、Alice in chains の MTV unplugged
中学生くらいのときにOVA入手して観まくってた思い出深いライブなんですが
ふとyoutubeでリコメンドされてきて先月くらいに観てたら

かっこよすぎて・・

このころ、レインステイリーがヘロイン中毒で数年ぶりのライブで
全盛期に比べたら不安定なボーカルで鬱々と歌う様子とその声が

やっぱり魔性の声すぎて。聴き入ってしまった。

そしてやっぱ楽曲がいいんだろうな。unpluggedでも全然聴き劣り?しない

パールジャムやニルヴァーナのunpluggedもすごくよかったけど、
やっぱりAlice in chaing が自分の中ではベストだなあ。

当時は今より英語が苦手だったのでわからなかったけど

MCでレインがここ3年で一番いいライブだとかいって
マイクかジェリー?がお前のせいだよ!みたいなことを言ってるのに気づけたりしたのも面白かった

Stone temple pilotesとかKornとかLinkin parkとかは
ある意味Alice in chainsロスを埋めたくて聴きはじめた節がある

なんていうと失礼だけど、
どのバンドもそのあとすごく好きになった。

特にStone temple pilotsのスコットが好きだった。
Velvet Revolverのときには、ちょっとミーハーな感じになるかと思いきや
彼のグラマラスさ?が引き立ってて凄くかっこよかった。

あれがもしセバスチャンバックとかだったら、
もっとミーハーで王道な感じになっちゃってただろうなあとか(マニアックな話に・・)

スコットのちょっとはすっぱな感じの存在感だから成り立った気がする

そんなスーパーバンドの、Sex pistolsのカバーだけど
かっこいい。

全てが本家より上手い・・
だから、パンクっぽさでいえば、本家のほうがパンクっぽいんだけどさ

スコットのヴォーカルは素晴らしいと思う。
ジョニーロットンがもっとセクシーになったみたいなw



もともと、Bodiesは好きな曲。

最低で、最高にかっこいいと思う。

Body I'm not an animal
Mummy I'm not an abortion

このパンクっぽいドラムやギターリフって

単純なのに、無条件に血液の温度があがるような高揚感があるなあって

思って嬉しくなった


25 10月

夢のなかのおはなし

昔から夢の中では何度も訪れているのに、

現実には存在しない場所っていうのがある。

それは、実家のすぐ側だったり、

学校の近くだったり、現実にある場所にパラレルで存在してるようなイメージ。

例えばその場所へ続く道の入り口は本当に存在するのだけど、

その道を通り抜けると、夢の中でしか行けない場所にたどり着くとかそんな感じで

不思議と懐かしい。

昨日の夢もそんな場所が舞台だった。

輝くような金髪で、赤い綺麗な目をした男の子。

その子は何千年も生き続けていて、

遠い昔には畏怖の対象で、監禁されて虐げられていたようなこともあったことを

なぜか私は知っていた。(なんかちょっとAIRみたい)

でもその子は、私の友達で

そして私も小さな子供で

一緒に真っ赤な着物をマントみたいにしてはしゃぎながら、走り回っている。

ふと、その夢の中の場所に繋がる道(そこは、森の中のトンネルみたいな場所で)

を走り抜けようとしていると

音楽と、女の人の柔らかな歌声が聴こえてくる。

繊細で複雑なリズムと、降り注ぐような、きらめく反響音に満ちた
天界で作られたみたいなとても美しい音楽

わたしは、それを聴いたことがあった。

いろんな場所で、聴くことができる音楽が何パターンもあって
そのひとつだよって、わたしが男の子に説明する。

でもそれを、彼は自分の能力のせいだから、と怯えている。
何故かはわからないけれど。

その森の中のトンネルは、きれいに苔むしていて
ふわふわとした柔らかな緑の絨毯のようなのだけど

ふと気づくと、手や足がところどころ赤くなって
虫刺されや、硬い葉っぱで擦り切れたみたいに、引き攣って痛む。

何かに飲み込まれるような気がして
2人で必死で逃げ出そうとする。

柔らかな音楽はだんだんと音量と音圧を増して
降り注いでくる。

必死で走る、恐ろしくて。
でも何故か、同時にわくわくしていた。

そんな夢。

目が覚めて、耳の奥に、あの美しい音楽の残響が残っていた。

不思議と心地の良い朝だった。

livedoor プロフィール
twitter
あわせて読みたいブログパーツ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ